M's Diary

タイトル画像

【パリ滞在記】 シャンパーニュ ランス ノートルダム大聖堂

2013年1月31日-001号
皆様、Bonsoir ボンソワール♪

今日からは、しばらく シャンパーニュ地方での旅をご案内していきます。

パリ 東駅からTGVで約45分でシャンパーニュの中心都市 ランスへ到着。

ランスは、歴代国王が聖別載冠式を行った由緒ある街。

フランス王国を統一したクロヴィス王が498年にこの地で司教の聖レミから洗礼を受けたことに倣い、1233年のルイ8世から1824年のシャルル10世まで、ここで王冠を授かった国王は25人にのぼります。

その載冠式が行われた舞台が、街のシンボル、 
「Cathedrale Notre-Dame Reims ランスの大聖堂」で、ユネスコの世界遺産に登録されています。

また、世界のモニュメントと並び、この街が誇るもう一つがシャンパン。

街には低価格でシャンパンが購入出来る専門店や、シャンパンとシャンパーニュ地方の郷土料理を味わえるレストランも多く、美食の国 フランスを代表するグルメの街としても有名です。

それでは、大聖堂へ参りましょう!

November 23,2012
画像1

画像2

13世紀に着工が始まったゴシック様式の大聖堂。

画像3

画像4

画像5

外観を正面から見るとシンメトリー。

画像6

おびただしい数の彫刻に彩られて。

画像7

高い天井から差し込む明るい光で照らされ、歴史の舞台にふさわしい荘厳さが漂っていました。

画像8

画像9

シャガール作のステンドグラス。

画像10